• 工夫して収納すること

    綺麗に収納するためには、場所を決めることが大事です。 そして使ったら、同じ場所に戻してください。 すぐに必要なものを取り出せるように、使用頻度が高いものは手前に置きましょう。 使う機会が少ないものは、奥でも大丈夫です。 ものの、使用頻度を見極めてください。

  • 複数の箱を用意しよう

    様々なジャンルのものを同じボックスに入れると、中身が滅茶苦茶になってしまいます。 綺麗に片付けられないので、複数のボックスを用意してください。 カテゴリーごとにボックスを変えて収納すると中身がスッキリしますし、同じ種類のボックスで揃えると見た目も綺麗です。

  • 面倒な動作をなくそう

    片付けの動作が多くなると、面倒に感じます。 習慣にするためには、1回の動作で片付くように工夫してください。 頻繁に着用するものは、フックにかけるだけでも部屋が綺麗になります。 片付けのルールを決めて、家族にも守らせましょう。 自分1人が取り組むだけでは、意味がありません。

収納する場所を決めよう

片付けられないと、必要なものがあっても探すまでに時間が掛かってしまいます。
余計な時間が発生して、作業効率が悪くなるので改めてください。
綺麗に片付ける際のポイントは、よく使うものを手前に置くことです。
あまり使わないものは、奥にしまっても構いません。
そして使い終わったものは、全て元の位置に戻しましょう。
後で戻そうと思っていると、そのまま失くしてしまいます。
何度もハサミやボールペンなどを失くし、買い直している人が見られますが、そのようなことが続くと無駄な出費が増えます。

カテゴリーごとに分けて、収納するのも良い方法だと言われています。
仕事で使うものや文房具、衛生用品など分けてください。
ボックスを用意して、そこに入れると綺麗に収納できます。
見栄えが良くなるように、同じ見た目で同じ大きさのボックスを購入してください。
整理している時に、いらないものがあれば処分しましょう。
そもそも片付けられないのは、ものが多いことが原因だと考えられます。

よく使うカバンや帽子、コートなどはフックにかけるだけで良いような収納を目指してください。
すると出かける時の身支度が楽になりますし、帰宅してからも脱いだものがその辺に散らかることがありません。
シンプルな動作で片付けられるように、収納する場所を決めてください。
そして片づける際の場所やルールが決まったら、家族にも伝えましょう。
全員で取り組まないと、いつまで経っても綺麗な部屋になりません。

おすすめリンク

目に優しいLED照明の選び方

照明を使うシーンは様々です。お部屋の用途に合わせた適切な明るさの照明器具を選びましょう。

レンタルできるポンプの種類

給水ポンプや排水ポンプはレンタルできます!レンタル料金やメンテンス費用、性能などをわかりやすく解説。